コンビニ印刷について

コンビニで印刷しようとするとやや高い、というイメージがあります。しかしやはり本格的な機器で、かつしっかりした紙を使っていることも多く、24時間やっているコンビニだから値段が高いのはしかたがないのでは、という一般的な意見以上に便利なものです。特にカラーコピーなどは一般家庭の印刷機では色もなんだか微妙で紙もぺらぺら、ということがままありますがコンビニではしっかりしたもので、紙もしっかりしていてデジカメで撮ったものなどもきれいにしっかりしたものを期待できます。物より思い出といいますがやっぱりそれを見たときに鮮明に思い出がよみがえるようなきれいな状態のものを保存しておきたいというのは当たり前です。いい紙ならば耐久性も多少は期待できますし、ファイリングするならきれいにまとめておきたいものですしね。しっかり思い出をのこしましょう。

業務上で使用するプリンタの印刷頻度

都道府県全てではないですが、要所要所に営業所や工場や物流センターが会社内にあります。その中で単純に枚数だけをカウントすると印刷枚数が一番多いのは営業所になります。何故かというと受けたオーダーを全てシステムへ入力していき、その後全てプリントアウトしてチェックをしていくという運用方法を行っているからです。プリンタはメーカーも機種も若干異なるものを使用しているのですが、一番新しく選定したメーカーさんのものですと導入したのが3年程前のものです。そんな中、プリンタの液晶パネルのところに「ジュミョウ」とだけメッセージが表示される営業所が出てきました。通常であれば消耗品の箇所を示す番号が一緒に表示されるはずなのにおかしいなと思い調べてみると、総印刷枚数がプリンタ本体に設定されている枚数を既にオーバーしてしまっていました。とりあえず他に不具合が出ていないので使用自体に問題は無いと言われましたが、様子を見ながら使用しないといけません。

いろいろなものを印刷してみましょう

印刷といえば、紙だけだと思われている方がいらっしゃると思います。しかし、ほかにもいろいろなものが印刷できるのです。たとえば、CDやDVDのレーベル面に刷ることができます。思い出の大切な記録を保存したのは良いが、どのDVDがどれだったかを思い出せない時があると思います。そういう時に良いと思いますね。できないプリンターもあるので、確認してから使用してください。そして、Tシャツにプリントして、オリジナルTシャツを作るということも可能です。世界に一つしかない自分だけのものを作ることができるというのはなかなか素晴らしいことだと思います。また、ほかにも特殊な紙などにも印刷することができます。これらも使っているプリンターを確かめてみて、使えるかどうか確認してから使用してみてください。是非参考にしてみてください。

離婚の案件は事情が複雑であることが多く、実績の少ない法律事務所では対応しきれないことがありますので、よく選びましょう。 交通事故を専門に取り扱う当事務所では無料の法律相談会を日本全国で開催中です! 当社の対象エリアは千代田区有楽町周辺となっていますが、東京メトロ丸の内線の銀座駅より徒歩1分の場所にあるので、近郊からもお越し頂けます。 交通事故の保険の相談をしたい方へ